ゆるくても狙う魚はカッコいい?河口でマッタリぶっ込み釣り

磯竿や投げ竿やルアーロッドに餌と仕掛けを付けて河口で魚を待ち続けて狙うぶっ込み釣り。砂浜でシロギスを狙うような遠投ではなく10メートルから20メートルくらい投げれば充分釣りになるぶっ込み釣りで狙える魚は場所によりますがクロダイやスズキ等大きめに育つ魚も狙えればウナギやアナゴのような長いタイプの魚も狙えます。
磯竿はやり取りに強くしなやかで魚を取ることができて投げ竿は飛距離重視で重たいオモリも使えるので潮流の速い場所で有利です。
シーバスロッドは短めのが多くて気軽にやれたりさびいたりすると感度が良いのが多いのでぶっ込み釣りに飽きたら探り釣りで使うのに向いてます。
初めてやる人は安価な釣り具店のセット竿で充分です。竿先に鈴やケミホタルを付けてアタリがくるまで仕掛けを投入して待つだけ。たまに誘いを入れたりあえて餌だけのアピールで待つのみでも有効です。
夜ならば万能のアオイソメがおすすめです。
また、大物や特定の魚を狙いたいならシャコやユムシ等でもいいです。迷惑にならない範囲で釣り道具をセットしてゆっくり時間の流れを楽しむぶっ込み釣り、どんな魚も基本はウェルカムなスタイルなので釣り方によっては難しい魚も簡単に取れたりするのも魅力です。