サッカーの監督

サッカーは、監督やコーチで構成される首脳陣と選手達のチームが目標を目指して力を合わせています。
監督になるために必要な指導者ライセンスは、各国共通であり、日本で取得したライセンスで海外のリーグや代表監督になること、また海外で取得したライセンスで日本のJリーグや日本代表の監督になることもできます。
Jリーグでのゴール数や日本代表の出場試合数によって入会できる「名蹴会」(めいしゅうかい)に所属していてもライセンスを取得しているとは限らず、逆に一生懸命勉強してライセンスを取得する活躍できなかった選手もいるなど、ライセンス取得は活躍にかかわらず同条件であり、ライセンスの取得には名監督と言われる方も苦労しています。
国内外問わずビッグクラブからの監督オファーは、破格の契約金や待遇等で話題を集めますが、試合成績によってはクラブ側からの契約解除(解雇)や更迭の厳しい規則がありライセンスを取得しても必ず監督として成功するとは限りません。
 ハリル・ホジッチが日本代表監督に就任しましたが、Jリーグの試合を視察し新たな人材を発掘して今後の日本代表を探し出すことも監督の仕事です。 不祥事によって契約解除になってしまった前監督に変わる人事で急に決まったハリル監督ですが、めげることなく「FIFAワールドカップロシア大会に日本を連れて行ってもらいたい」と願っています。