読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医者いらずのお湯!

毎週温泉に通っています。

ストレス、筋肉疲労、皮ふ疾患や内臓など冷えを解消するのが目的です。

毎週入るなんて贅沢と思われますが、
私から知れば医療費が高く毎回医者にかかるほうが贅沢と思われます。

住んでいるところが、群馬県です。
いたるところで温泉がわき日帰り温泉などの施設があり、循環ですが快適に入れます。

また、山間部などにいけば住民専用の温泉がある事は贅沢のきわみで、
私もこの地域に永住したいと望んでいます。

娯楽施設として温泉は栄えますが、やはり湯治としても温泉は栄えることがあります。

本来、温泉は具合が悪くなれば入浴する医者と同じことなのです。
西洋医学では、こんな説はありません。

日本には温泉学があり東洋医学とは違い、まったく新しいものです。

温泉には効能と言うものが存在します。

また、飲んで病を治すという効能もあるのです。

特に、群馬県の四万(しま)温泉には、胃腸を治すという源泉があります。

よくそのまま飲まれる方がいますが、きちんとわかしてから飲んでください。
お腹を壊す可能性があります。

よく温泉をそのまま飲む方がいますが、よしましょう。
バイ菌がうようよしていますから下痢などがおこります。

温泉は、体を治すとこですからむやみな事は、やめてください。