センター試験の日は雪が降る確率が高すぎる

冬の一月中旬になると、昔、センター試験を受験したのを思い出します。
今年のセンター試験も前日からセンター試験の当日は、大雪が降ると天気予報で確認したので、受験生が可哀想だなという思いと、私もセンター試験当日に大雪で困ったことを思い出さずにはいられないのです。
あの日、私は、朝の6時に起きると、すでに外は大雪です。この日までには全く雪など降ることはなかったのに、センター試験の日に限って大雪です。しかたなく、余裕を持って、試験会場の1時間以上前に到着することにしたのです。
電車とバスを乗り継いで試験会場へ行く予定だったのですが、なんと電車が雪により遅れているのです。しかも、大幅な遅れで、次の電車が来るまでに30分以上もかかるかもしれないと駅員さんが教えてくれたのです。
かなりのパニックです。どうして良いかわからず、とにかく自宅へ電話した後に、タクシーで行くしか方法がないと決めたのです。
駅を降りると、私と同じように試験会場へ向かう受験生で駅前のロータリーはタクシーがたくさん並んでいたのです。
しかし、待っていては、もしかしたら、間に合わないかもしれないぐらいに長蛇の列です。
この時、私は、咄嗟にタクシーを待つ受験生達に、1人1人乗るのでなく、同じ試験会場ならば、同乗しましょうと提案したのです。すると、周りも焦っていたので、私の案を受け入れてくれて、どんどん受験生をさばいていけるのです。
私の番が来た時には、5分もかからなかったです。もしも、そのままだと、20分以上はかかっていたはずです。本当に良かったです。