ダービースタリオン98で配合して走らせた馬について

ここ最近ではまったゲームでのその馬の事を記事にしました。見てください。



サイキョウノチスジ

父 ノーザンテースト 母 サンデープチカ 母父 サンデーサイレンス

母の母 プチカプリーズ(パシフィカス)



開始14年目に父方からノーザンダンサーが、母方からはサンデーサイレンスが入って来るという事で配合し、翌年誕生したのがこの牡馬。

美浦藤枝厩舎(藤澤和雄+国枝栄)所属。生涯成績18戦18勝。本賞金3億5470万円。
総賞金7億750万円。デビュー戦から引退まで無敗の成績を残す。

ただ、この馬はG1を取った馬達が取っていないステップレースとか調子が悪くて代えの馬としての出走が多かった。

いや、殆どその為にいた馬と言っても差支えない。
だからG1挑戦もそうだし、獲得も全くもってできていないと言う有様であった。

だからこそ9歳(現8歳)まで引退させなかったのもそこにある。
しかし、開始23年目に9歳(現8歳)になり、もはや当て馬にさえならないと思い、手ごたえも感じなくなっている事で開始23年目1月1週に競走馬としての道を引退し、乗馬として引きとってもらう事とする。

勝鞍は京阪杯中山金杯CBC賞七夕賞武蔵野SオーシャンS京都記念、アメリカJCC、富士S神戸新聞杯、京都4歳記念、若葉S弥生賞、ジュニアC、福島3歳記念、札幌3歳S函館3歳Sを勝つ。

主戦ジョッキーはある程度の期間で変わってしまったのもあって特別にはいない。引退後は乗馬となる。